パワーストーンのクロージョーアイズ

京都のパワーストーン店

*

デュモルチェライト

デュモルチェ石
DUMORTIERITE
newhyphati-dumor-l1keyword
(言いたいことは言っておしまいなさい)

鉱物的説明:
濃いブルーから紫色のものが多く、通常は塊状で産出します。
硬度が8と高く 半透明で磨かれたものは
高品質のラピスと見間違うほど美しいと言われています。
石英の内部にこの鉱物が成長し、塊状でブルーの石になったものを
デュモルチェライト・クォーツと言われ
別名ブルーアベンチュリンと呼ばれますが、
アベンチュリンでありません。
ソーダライトにもとてもよく似ていて ラピスや高品質アズライトとして
市場で売られていることもあるそうですが
鉱物に多少機知がある人なら
ラピスではないと簡単に見分けられます。

エネルギー的説明:
このソーダライトにそっくりなデュモルチェライトは
とっても面白い石なのです。
ワークをすると喉にぐ~~~と圧力のようなものがかかり
なぜか「うぉ~~~おおお」と叫びたくなるんです。
ねっ 変な石でしょ?

人は誰もが 言いたくても、ぐっと我慢したという経験を持ちます。
それは 社会性を保つためだったり、相手を傷つけない配慮だったり
謙虚の美という日本の特性だったりと理由は様々です。
ということで、この石をもって 叫びたくなった人は
現在言いたいことが言えていない状況であると言えるでしょう。

もちろん 私もそんな一人です。
この石とワークして今、声を大にして言いたいことは・・・
「そうだよ~~~ 確かに人に好かれたいって思ってたよ~
実は恐くてたまらないのに平気なふりして かっこつけてたよ~
文句や泣きごともいっぱいあるし そりゃぁ ひとりの人間だもん
弱音もいっぱい吐くに決まってるぜ~~うぉおおおおお~~~」
って感じです。

なぜ、男言葉なのかは不明ですが(^_^;)
こんな感じで不平、不満、文句、弱音、全部出てきました。
これは素晴らしい思考と感情の浄化石かもしれません。

そのまんまの自分を受け入れてもらえる環境に育った人というのは
本当に少ないのではないでしょうか?
親は条件なしに子供が可愛いはずですが
それでも良かれと思って、
その子に足りないと思うものを植え付けてしまいます。
しかもそれは親の勝手な希望や勘違いの思考かもしれません。
完璧な親なんていません。

そんな教育の成果!?もあってか、
私達は自分は何か足りない、もっと勉強しなきゃ、
もっと綺麗にならなきゃと目標達成に懸命になります。
そして神様からのギフトである、
本当の自分らしさを忘れていきます。

このデュモルチェライトで
全ての植え付けられた固定観念をはずし、
今世の本当の自分の使命に気づきましょう。
不必要な思考が外れたら 次の段階として
宇宙とコミュニケートする能力を受け取り
本来の輝く道へと導いてくれることでしょう。

無性にやりたくてたまらないのに
自分を留めている何かを取っ払って
一刻も早くスタートを切りましょう。
あなたの活躍を全宇宙が待っているのです。

対応チャクラ:第5チャクラ

 

■石の意味集■

公開日: