パワーストーンのクロージョーアイズ

京都のパワーストーン店

*

リビアン・ガラス

LIBYAN GLASS
libyang-l1keyword
(高次元太陽神の加護)


エジプトのツタンカーメン王の墓に、この石が埋葬されていた
のは大変有名なお話ではあります。

太陽神信仰だったエジプトならではと感じずにはいられないのは
この石はまさに太陽のごとく頭上に光り輝く光そのものの石
だからです。

通常の意識でこの石とワークできるのはここまでです。
頭上がまぶしく輝く以外 この石のメッセージも世界観も
なにも見えてこないのです。

以前、何度もこの石とワークするたび なにも浮かばずに断念し
結局、周波数が高い光の石であるということしかわかりませんでした。

どうしても、この石のメッセージを解明したいので
この石と一体になろうと集中してみました。
すると なんと、脳全体の回路が入れ替わるような脳が動くような
感覚が始まります。
もしかして受信機である、第六チャクラの周波数自体を
シフトさせているのかもしれません。

きっと そうしないと この石の世界観が理解出来ないのだと思います。
そこまで要求してくるのなら、私も腹をくくってやれるところまでやるよ!!
ということで、より集中出来る時間帯、深夜の丑三つ時を待つことにしました。

宇宙のメッセージと最も交信しやすい時間 午前3時15分になりました。
前頭葉に何かきゅ??んと染み渡るような
エネルギーが注入されていく感覚が始まりました。
まるで何かを受け取っているようにも感じます。

結局、感覚的にわかったことは
この石は高次元の太陽星とつながっていること。
そこには、与えるのみの奉仕の世界であること。
高度に進化した生命体が そこの住人で肉体的概念はなく
黄金のように光り輝くスピリット体が宙に浮かぶように存在していること。
弾けんばかりの笑顔と 輝かんばかりの美しい光をまとって・・・

「受け取ることに罪悪感を持たないでください。
私たちは ただ与えることがすなわち喜びなのです。
喜びを持って大いに受け取ってください。
この石と共に眠りにつくとき、私たちは太陽の星の物語を
あなたたちに授けましょう。
宇宙の叡智と愛という喜びの光と共に・・・」

私が今の時点で受け取れたのは ここまででした。
さっきのきゅ?んとしたエネルギー的なものが のちのち
いろんな時に思い出されてくるのかもしれません。

私たちが、肉体でもって 現実の社会で生きながら この石を感じるのは
大変難しいと感じました。それほど 現実離れした 高い高い周波数を持つ
宇宙の光を持つ石なのです。

メッセージが伝えているように、
どうぞ 眠っている無意識状態の時に身に付けて
何かの メッセージを受け取ることをおすすめします。

この石も 肉体を遙かに越える周波数の高い石ですので
エナジーボディに働きかけるための ハイパーブレスにはせずに
お届けしたいと思います。

チャクラ 第六チャクラ
周波数  とてつもなく高い

ソフィーママ

 

■石の意味集■

公開日: